同人誌の買取で気をつけたいこと

同人誌ってどんな本?

同人誌とは、同じ趣味・指向を持つ人(同人)たちが集まり、資金を出し合って作られた書籍のことを指します。

個人で出すものもあれば複数人集まって出すものもあるので、形態としては様々ですが、出版社などを通して作られているものではなく、あくまでも個人製作・個人出版で作られています。

内容としては、漫画をまとめた「漫画同人誌」イラストを集めた「イラスト本」、小説・詩をまとめた「文芸同人誌」、研究・批評を集めたものなどに分かれています。

同人誌は明治時代から発行されている歴史のある書物ではありますが、現在はサブカルチャーの広まりが強く、漫画やイラストを用いた同人誌を意味することがほとんどです。

また、漫画やアニメなどのキャラクターを用いて作られた「パロディ同人誌(二次創作同人誌)」も人気があります。

この様な同人誌は、コミケ、アニメグッズショップ(アニメイト、とらのあな等)、通販などで購入できるため、持っているという人も非常に多くいます。

同人誌は売れるが限定的!

そんな同人誌は、消費者の間でもかなり支持されているので、実は買取店を利用すると売ることが出来ます。

普通に販売されている漫画などと同様に、いらなくなったら値段をつけてもらえるというのは嬉しいものです。

しかし、同人誌はあくまでも出版社から出された書籍ではないので、買取ってくれるお店が限られています

どんなお店でも売れるという訳ではないので、お店選びには気を付けましょう。

現在、同人誌を取り扱っている買取店は、有名なところで「駿河屋」「まんだらけ」「とらのあな」「K-BOOKS」といったお店があります。

この辺のお店は、漫画やゲームなどの買取に強かったり、中古品の販売でも有名なので、誰でも安心して利用できると思います。

コアな買取店では、アニメ系中心のショップ「らしんばん」、女性向け同人誌を専門にしている「明輝堂」、男性向け同人誌のみ買取可能な「買取り~ぬ」などがあります。

お知らせ

2017年08月17日

宅配便での買取を更新しました。

2017年08月17日

ISBN番号とはを更新しました。

2017年08月02日

同人誌の買取を追加しました。